アンチエイジング治療で若さを取り戻す|美しい肌を取り戻す

女性

最先端の抗加齢療法とは

女性

セルリバイブジータの魅力

老化とは、加齢に伴って内臓機能が落ちて体の不調が出てくることです。特に、皮膚は老化によるダメージが出やすく体の部位でも特に皮膚が薄い顔は、老化によってシミやシワ、たるみなど様々な症状が表れます。肌がいくら綺麗でも、シワやたるみなどがあるとそれだけで老けて見えるので気にする女性は多いものです。顔の中でも特に皮膚の薄い目元は特に老化の影響を受けやすく、口元もまた気になる部位になっています。アンチエイジングの治療には色々な美容法がありますが、一時的に若返りを実現させる方法に過ぎず根本的な若返りは難しいと考えられてきました。セルリバイブジータは、もともと自分が持つ治癒能力や再生能力を利用することで根本的な若返りの治療が出来ると言われている最先端のアンチエイジングです。セルリバイブジータは細胞成長因子添加自己注入療法という治療法のことで、自分の血液の中の血小板と白血球を濃縮したものに細胞成長因子を添加して肌に注入するというものです。細胞成長因子は若いうちは分泌が盛んですが、年を取るにつれてどんどん減少していきます。そのため、加えることで肌本来が持つ治癒能力や再生能力を引き出して肌自身にシワやたるみなどを治してもらうというものです。安全性が高く、また効果も高いことから本当の若返りが期待できるといわれている治療法ですが、効果の持続期間は4年前後くらいです。定期的な治療は必要になるので、安心して通えるよう、症例数が多く説明が丁寧で信頼できるようなクリニックを選ぶべきです。

ダウンタイムの乗り切り方

アンチエイジングの最先端を行くと言われるセルリバイブジータですが、施術を受けてからもとの状態に回復するまでの期間であるダウンタイムがヒアルロン酸など他の注入療法よりも長くかかることがあります。そして高い確率で、施術後は腫れが出ることが予想されるので数日から一週間は期間を要します。稀に内出血したりあざが出来る場合もあるので、その場合は10日くらいのダウンタイムを要することもあります。どの治療法でも言えることですがメリットもあれば、デメリットも少なからず存在するので自分の希望する仕上がりが施術内容に合っているのかしっかり判断する必要があります。アンチエイジングは老化という自然の摂理に逆らって若返るというものなので、効果が感じられる人、感じにくい人も個人差があります。治療が上手くいくようにするには、術後の自分のケアも大切になってきます。ダウンタイムの期間中は、施術した部位を清潔に保ち、休息は十分に取るようにするなど普段よりも自分の体調に気を付けることで回復も早くなります。施術後すぐにお化粧をすることも出来ますが、注入部位が目元であれば特に敏感になっているのであまり刺激を与えないようにするほうが安心です。沢山汗をかくような激しい運動も患部に刺激となることがあるので、ダウンタイムの間は控えた方が無難です。自分の行動には気を付けて、なるべくダウンタイム中はおとなしく過ごし患部をデリケートに扱うことで副作用など無く回復することが出来るようになります。